ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

プログラミング

だいたい分かった(つもりになった)

Wikipediaのヘンゼルの補題にγというのが突然出てきて、これが分からなかった。というかそんなはずないと思ったのだが、英語版を見ても同じことが書いてあった。 でも日本語の他のサイトを見たら、ちゃんと書いてあってそれでだいたい分かった気になった。wi…

迷走中

ちょっとwikipediaの記述に分からないところがあって、こうだろうと決めつけてプログラムを組んだのだが、ほぼうまく行っているようで少し気になるところもある。 昔「けよりな」とか略すエロゲがあったけど、漢字を飛ばしてひらがなだけ読むようなwkipedea…

イケてるプログラミングをしようとしたら面倒くさくなった。

多項式の因数分解の件。 まず整数係数多項式のクラスを作った。ちょっとイケてる風にイミュータブルにした。つまり、足し算をしても元のオブジェクトは変化しないで新しいオブジェクトを作るのである。超ってほどでもないけど少しイケてる。 それから、因数…

バグ:無平方分解失敗……なんとか対応する

いやあ、失敗失敗。 x^3+5x^2+7x+3 を無平方分解しようとして、まず微分すると 3x^2+10x+7 になる。これと元の多項式の最大公約数を求める……って整数係数では無理じゃないですか。有理数係数で考えれば出来るけど、有理数のクラスを作らないとならない。 ど…

バグ:GCD(最大公約数)が-1

なかなか興味深いバグが発生した。GCDが-1になるとは。 だいたい互除法のアルゴリズムは自然数を前提としているのではないか、そこをそのままパクってきて整数係数の多項式に使おうというのだから、当然マイナスには対応するべきであった。 一方、1がすべて…

プログラミングの世界は諸行無常

ドッグイヤーだし。いま最高にイケてる言語も来年には古くてイケてない言語になるし、いま最高にイケてるフレームワークも、すぐに古くさいフレームワークになる。 前回、プログラムをしたときは、wordleもどきから変更して数独もどきを作ったわけだが、GUI…

数学:多項式の次数

多項式の次数はその項の中で最も次数の高い項の次数とする。プログラムの場合は、配列に係数を入れて、インデックス0の所に定数項を入れ、インデックス1のところに1次の係数を入れというように係数を入れておいて、配列のサイズ-1から逆に配列の内容がゼロ…

プログラミング:因数分解のプログラムを作ろうと少し思いつつある

なんか理論に自信がなくなってきたので、プログラムを作って確認するしかない気がしてきた。めんどくさい。 適切なライブラリを使えば簡単なんだけど、そういうライブラリには既に因数分解のプログラムも入っているので、作る意味がない気もする。そして、プ…

数学:余り物には福がある

余談:(整係数)多項式の因数分解はちゃんと勉強したと思っていたが、復習してみたら、なんか見覚えないことがいろいろ出てきた。途中までやって放り出したのかも知れない。(よくあること) 本題:そんなに本題じゃない気もするが。「ユークリッドの互除法…

数学:多項式の微分と因数分解(無平方分解)

前振り。疫病が流行し、戦争が続き、淫祠邪教がはびこり、火山が噴火する。つらいので逃避するために、数学のことを考え、前に書いた因数分解の話の続きでも書こう。 ブコメにあったグラフを描くという方法が自分ではやった記憶がなくて、調べてみたがちょっ…

プログラミング:ふつうの9x9のナンプレも作った。

ミニナンプレのプログラムを元にしたら結構簡単に出来た(いやまあ、前に別の言語で作ってるから) ちゃんとやりたかった九字でナンプレが作れた。ダジャレとはちょっと違うが、まあダジャレみたいなものだ。まんぞく、まんぞく。 https://suginamitaro.gith…

プログラミング:データはバグらない。

プログラム作るとバグが出るけど、データならバグらないだろう。ということで、ナンプレのデータを公開する。これをもとに、かっこいいアプリとかを作ってくれ。 https://github.com/suginamitaro/npdata 実は、データにもバグはあって、ナンプレなら解けな…

趣味のプログラミング飽きた。

バグばっかりで思ったように動かない。もういや。 趣味の小説書きたい。いい加減な設定のいい加減な世界観で。小説はいいぞ、まず、パソコンとスマホとか対応を考える必要がない。ダークモードとかもないし。 せいぜい18禁にするかどうかという判断があるく…

ペンシルマークがあるとナンプレらしくなる

なんというか、ようやくペンシルマークを実装。これで断然ナンプレらしくなった。 ペンシルマーク と、同時に俺の老眼に厳しいパズルになってしまった。そしてこれを使って解くと、頭を使ったような気がしない。なんというか、鶴亀算を方程式で解いたような…

難しそうで、そんなに難しくなかったパズル

ミニナンプレ やな感じで解けそうもないというか、もうナンプレとしての難しさじゃないだろっていう気がするわけだ。 ナンプレ 途中経過 でも親切機能で、注目している文字が強調表示されるので、字が似ているなんことはあまり関係ない。この強調表示がない…

またまたパズルを作ったよ。

バグも多分ある、それだけでなく、脆弱性まである。 suginamitaro.github.ioミニナンプレ。あ、すっごく大事なことを忘れていた。と気がついて慌てて直す。(こうやってまたひとつバグが入るのです)。 遊び方をまず読んで。先に文字を入れる場所を選択し、…

プログラミング:ようやくcssのやつをちょっとばかりアレしてやった。

ずっとスマホ表示がおかしかった、自作wordle風パズル。なんとかスマホでも見られるようになった。おのれcssめ、つーか、cssファイルに入れようとしていたのが間違いで、このアレ(grid)を使おうとするとjavascriptで書いてセットしてやらないとならないので…

プログラミング:バグを発見したかも知れないが手遅れ

自分の作ったプログラムを見ていたら、無意味なコードがあった。バグって程じゃない。無意味なだけ。いや、本来は何かの意図があったのだが、その意図を達成していないという意味ではバグなのだが、別に有害ではない。本来の意図というのが、高望みだったと…

css のワナにはまる

パズルをスマホ対応にしようとして、適当に見つけた設定をして、ブラウザのdevelopper toolとかで、見てみたらいい感じになったので、これでいいやとおもってupload(実際にはcommit & push)して、自分のスマホで見てみたら全然変わらないでやんの。 それで…

老眼プログラミング

これ書いた後もバグっていて直したけど、やっぱりまだおかしい。まあ、バグも愛嬌のうちってね。 WORDLE をパクったようなjavascript のプログラムを作ってました。でもソースは見てないというか、見ようと思ったけど圧縮というか簡易化というかされていて人…

パズル:wordleの真似をしようとしてつまずく

ちょっと気軽にwordleの真似っこをしようと思い立ったが、javascriptは全然やってないのでまったく分からんかった。 というかwebなんてcgiの時代にやったきりですよ。いやちょっとphp書いたか。もうすっかり時代遅れのじいさんなので、コンソールプログラム…

パズル:wordleをやってみた

今話題の、というか既に乗り遅れているが、wordleをやってみた。 www.powerlanguage.co.uk 1日目の戦略 1個目は適当。2個目は多くの情報を引き出すために1個目と重ならない文字の単語を入れる。この2個目を入れる時点で既に5文字の英単語をうまく思い…

プログラミング:高速化のアイデアを思いついたが、いまさらなんだよなぁ。

アニメのことを書かないとブログのネタがないな。 以前、ある(オープンソースの)プログラムを作ったときに、有名なライブラリを使用して作ったのである。 しかし、ある特殊な環境ではそのライブラリが使用できないということが分かった(利用者からの報告…

キーボード入力の快感

実はREAL FORCE派なのである。 そして、前から欲しいと思っていた静音タイプの物を買ったのである。 東プレ キーボード REALFORCE91UBK-S テンキーレス日本語配列カナなし USB 有線接続 静音タイプ 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS 出版社/メーカ…

わかっちゃいるけどやめられない

子供の頃からの無鉄砲で……じゃなかった、注意力散漫でテストの時にはケアレスミスの連発。先生から何度もケアレスミスが多すぎると注意されたが、本質は分かっている、単なるケアレスでテストの点が取れていないだけだから気にしない。テストの点が重要では…

オートマトンについて二つ

直接なにかの書籍に関係するということもないけれど、先日オートマトンについて考えたので、忘れないうちに関連することを二つ書いておこう。 本当の有限ってやつを見せてやりますよ 無限については多くの人が語っているが、有限について語る人はそれに比べ…

川添愛「白と黒のとびら」と他のオートマトン本の話の流れとポイントの比較

川添愛の「白と黒のとびら」についての批判を書こうとしているが、いろいろ面倒である。まずプッシュダウンオートマトンと文脈自由文法までの話の展開を比較してみたいと思う。 オートマトン・言語理論の基礎 米田政明監修 以下、この本を米田本として参照す…

書籍批判:オートマトン・言語理論第二版 富田悦次/横森貴 共著

まず、川添愛による「白と黒のとびら」の批判をしようと思ったのだが、そのためにオートマトンの本としてこの本を調べた結果、先にこの本の批判をしようと思った次第である。 だが、それが面倒くさい。すでに書く前から気力喪失している。こんなん書いても誰…

最高の最適化とは何もしないことである。

コンパイラは賢い。 たとえば、10万回ループするのにどのくらい時間がかかるかと思って、C言語でforループを書いたとしよう。初心者が書くと、ループの本体がない空のループを書くが、最適化オプションを付けないでコンパイルするので、まあ、初心者が驚くく…

おっさんプログラマの俺が(ちょっとだけ)使ったことのあるプログラミング言語

流れに乗って(かなり乗り遅れつつ)、使ったことのある(最近の若いものにはちょっと縁遠そうな)言語を紹介する。さすがに昔のことなので、うろ覚え勘弁。 JCL JCL(Job Control Language)、これを使わないとコンパイルも出来ない。最近のプログラマはコピ…