ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

写譜:雪のクリスマス

楽譜作成ソフトLilypond の練習で全音の歌謡曲大全集をもとにドリカムの「雪のクリスマス」の写譜をしているのだが、楽譜初心者にはなかなかやっかいである。

まず、ちっちゃい音符がでてくる。

1番で「さっきからもう首が痛く」という歌詞のところが2番では「手袋にそっと乗せて目を凝」という歌詞になっているがこの2番の「そっと」の「そ」が八分音符だが1番の歌詞では歌わないのである。それで2番だけという意味で小さい音符になっている。1番の該当部分は四分休符なので、単に八分音符を入れると小節のリズムが合わなくなるので、見えない八分休符というのを入れて合わせる必要があった。

これはなんとか出来た。他にも何ヶ所か1番と2番でリズムやピッチが違うところがあった。歌詞を尊重しているということだろう。

そして音符はそれでいいが、Lilypondには歌詞を楽譜に入力するのに、音符に自動で合わせるという機能がある。しかし、1番と2番でリズムが違う音符を付けていると、この機能がうまくいかない。

これは対応するのが面倒になって、全部の歌詞つまり歌詞の文字ひとつひとつに音符の長さを指定するという力技で対応した。力技だがなんとか出来た。

ちっちゃい音符その2多分オブリガート

途中にもあるけど、一番最後の「Merry Chistma to you」の前のメロディが多分オブリガートだと思う。「最大のたからものー」から続くメロディである。この部分は「のー」の音がずっと伸びているところに特徴あるメロディが入ってくるので楽譜上では音符が二段になる。歌詞の付いている方がメインという気持ちで、もう片方のメロディは音符を小さくして表示した。しかし、玉(符頭)は小さくなったが棒(符幹)は短く出来なかった。全音の楽譜だと棒も短めなんだよなぁ。Lilypondのマニュアルによると、棒の長さは楽譜の線の間隔に比例して決まるそうなのでこれを変えるのは無理かも知れない。

しかし最大の問題はこの「のー」が小節をまたぐタイになっていることである。もちろんLilypondでも小節をまたぐタイは入力できるのだが、音符が1段の小節と音符が2段の小節は全然別なのでこの間をタイで繋げないのだ。Lilypondの用語で言うと別のVoiceになっている。とここまで書いたところで、「tie across voice lilypond」で検索したらすぐにやり方が分かった。明示的にも暗黙的にも新しいvoiceを作らなければ、mainのvoice の継続とみなされるようだ。オブリガート部分だけ新しいvoiceを作って積み上げればよいのだった。

なんかいい感じで「雪のクリスマス」の楽譜が出来たが、(著作権違反になるので)他人に見せることは出来ない。

 

読書感想:そして誰もいなくなった

図書館で借りた本。

有名なミステリだが、実は今まで読んでいなかったのである。そして何かのきっかけでネタバレを食らっていた。ネタバレを食らってしまったので尚更読むのがためらわれてずっと読んでいなかったのである。

読んでみたら、ネタバレしていても面白かった。ネタバレ自体が半端なネタバレだったこともあるが、やはりクリスティのうまさがある。

犯人にとっていろいろなことがうまく行き過ぎではないかという気もするが。

 

楽譜:全音歌謡曲大全集【8】

図書館で全音の楽譜を借りた。

私は楽譜を見ているだけで演奏しないし、lilypondの入力練習に使うだけなので、著作権には違反しない。

キーは変えてあることもあるとただし書きがあった。キーってそんなに重要じゃないんだなぁ。

この楽譜には、テンポはもちろん、前奏間奏後奏もついている上に、オブリガートも載っている。オブリガートって何? という感じだが、全音符とかのある小節にちっちゃい音符で書いてあるやつか。

その上、リズム譜というのも掲載されていて大変親切である。でも、伴奏のリズムって途中で変わるのではないだろうか。リズム譜は1小節分しか載ってないけど。

これをどうやってlilypondで表記するのかは、これから調べないと分からない。プログラムっぽいことが必要になるかも。マクロみたいな。

平成3年下半期から平成8年上半期までの曲が掲載されているのだが、年寄りで音楽に関心がなかった俺にはどれも新しすぎて馴染みがない。スーパーとかでかかっていた「それが大事」くらいしか分からない。【8】をいきなり借りた理由は、そこにあった中で一番新しかったから。新しい楽譜は当然貸し出し中だろう。

 

 

アニメ考察:樽型のジョッキについて

いくつかのアニメで樽型のジョッキを見かけた。

そしてふと思ったのである。樽を作るような方法でジョッキを作るのは割高ではないかと。

木工旋盤はギリシャ時代からあるそうだ。内側を彫るものではなかったかも知れないが、技術的には十分可能。旋盤を使わなくてもガシガシ鑿で削ればすぐに器を作れる。それに対して樽を作るのは遥かに手間がかかる。樽職人は円周率を知っていたという話もあるし。

ただ木工で器を作るのは簡単だが、水が漏れないようにするには少し手を加える必要があるだろう。乾燥するとひび割れができるし。でも、水が漏れ始めたら交換すればいいというくらいの手軽さで作れる。

そこで考えたのだが、樽型のジョッキはわざと手間をかけて作ることによって高級品にしているのではないだろうか。樽型のジョッキを使っている店は高級店なのである。

さらに考えると、高級品としての樽型ジョッキがあるなら、その模造品としての偽樽型ジョッキもあるかもしれない。木工旋盤では取っ手を付けるのが難しいというか、一手間必要だが、陶器なら取っ手を付けることも簡単にできるし、樽のように見える絵を付けることも出来る。

アニメで樽型ジョッキのように見えるものの多くは、陶器に絵付けしたものではないだろうか。本物の高級店だけが、本物の樽型ジョッキを使っているのである。

木工旋盤

木工旋盤

  • ピーウッド
Amazon

 

 

 

 

 

夢:チャップリンの映画を観ている夢を見た。

完全に傍観者モード。

映画館で見ているのかDVDを再生しているかの区別はなかった。カラフルではないもの色がついていたような気もするし、声も出ていたようだ。モノクロ無声映画ではない。

チャップリンのような痩せた小男とやや太めの鈍い男が出ていた。チャップリンはやたら戦闘的で憎らしい相手をボコボコにぶん殴っていた。太めの男はまぬけな感じで小銭を盗まれたりしていた。二人は相棒という程でもないがなんか一緒にいるようだった。

途中で電車に乗っていたのがいつの間にかバスになりさらに小型車になっていて、見ている私の感想が「チャップリンが映画に夢の手法を取り入れた」というものだった。単に私の夢だったからいい加減なだけなんだが。

映画やテレビを傍観者モードで見ているという夢は、そんなに多くはないが時々ある。もっと多いのは小説を読んでいる夢であり、これは面白い面白いと読んでいるとだんだん先の展開を考えるのが苦しくなって夢の中で苦しむのである。傍観者モードから作者モードに変わっている感じだ。

ラジオを聴いている夢というのは見たことがない。そのうちネットを見ている夢を見るかも知れないし、なんかもう見た気もするが、明確にネットを見ている夢だと意識していないのと、ネットは傍観者モードでは見ないから傍観者モードの分類にならないのだろう。

 

 

読書感想:ベスト本格ミステリ2013

図書館で借りた本。

「バレンタイン昔語り」

小学校が舞台の殺人もの。神様の小学生が犯人の名前を告げる。が、読み進めているうちに何か変だなと気付くことになる。そこで神様の言葉を信じるか、疑うか。

「宗像くんと万年筆事件」

小学校が舞台の盗難事件もの。登場人物も事件内容もトリックも小学生向け。児童文学ミステリというべきか。

「田舎の刑事の宝探し」

ユーモアミステリ。でも解くべき謎の本質は明快なので、パズルミステリと言えるだろう。ただ、断崖絶壁といっても垂直ではないと思うんだが。

「絆のふたり」

叙述トリックだが、読んでいて分かりにくい文があり、その文を何度か読み返してしまった。もちろん、そこが叙述トリックになっていたわけ。商業出版だから編集なり校正なりが付くけど、そこは叙述トリックだからという理由で、校正がスルーされてしまったのではないだろうか。

「僕の夢」

オチはあるけど、ミステリというよりファンタジーっぽい。江戸川乱歩もそういうの書くけど。あと、この本の最初の作品のせいもあって、ついうっかり「僕」の性別を当ててしまった。

「青い絹の人形」

死体が盗掘されたとなると、あのトリックと誰もが思うだろう。「私」がプロローグと本文とで別の人間なんだけど、それが叙述トリックか何かになるのかとずっと気になって仕方がなかった。別人だということはすぐに分かるので。

「墓守ギャルポの誉れ」

動機の謎……いや二人の接点は何かという謎か。その点についてはフェアなヒントがあったように思う。

「ラッキーセブン」

インディアンポーカーと大貧民を合わせたような俺ルールでデスゲームをする中での推理。悪魔と寿命の取引をするなら、寿命が変更されるような願いは出来ないのではないだろうか。この願いが可能なら悪魔を出し抜ける気がする。

「機巧のイヴ」

SFが盛んな時代ならSFとして世に出ていたかも知れない作品。一応ミステリっぽいオチはあるけど、SFのオチと見ても問題ない。

「コンチェルト・コンチェルティーノ」

新聞記事がミスディレクションになっているけど、あまりパズルっぽい作品だとは思わなかった。

評論「皇帝のかぎ煙草入れ」解析

元ネタ読んでない。

 

ad2217.hatenablog.com

 

web:作詞少女のサイトがあった

作詞少女のサイトによると、作中の曲に歌詞をつけて発表してもよいということだった。

www.ymm.co.jpじゃあやってみようかと思ったが、楽譜を見るのと違って実際に曲を聴いてみると、♩=240は早過ぎて音痴の老人にはとても歌えない。歌えないということは歌詞を付けられないということだ。

タータタターみたいな印象だったのに、タッタッタッ タッタッタタ タッタッタッ タッタッタタというリズムで舌の回転が追いつかない。脳内で。

作詞の理論とか音楽の感性とかそういう以前にテンポに追いつけないのだ。作詞少女の作中で言われていること以前の問題である。

 

ad2217.hatenablog.com