ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

アニメ感想:どろろ(2019)

3月くらいにdアニメストアの見放題に入ってからちょっとずつ見ていたのだがようやく見終わった。

原作にしてからが、なかなか難しい漫画なのである。

実は、原作はちゃんと読んでいなくてたぶん床屋とかで話の順序もバラバラに読んだもの。昔のアニメも全部は見ていないというかそんなに見ていないような気がする。

今回のアニメは前半はすごく面白く見ていたのだが、後半からはなんかそうでもない気がしてきた。百鬼丸の体を取り戻す話とどろろの宝探しの話という点からすると、どろろの話は余分だったのではないかという気がする。手塚治虫といえども。

宝探しというのは宝を探すのが面白いのであって、宝探しの巻き添えになるのでは面白さが半減する。どろろには宝探しをする強い動機もないし。

前からそうだったのか覚えていないが、今回は妖怪というよりも鬼神という形であり、願いを叶える存在とう立場が強いように思えた。百鬼丸が体を取り戻すと、醍醐の国に日照りが起こったりする。その中で、百鬼丸が俺の体を返せ、それは俺のものだと主張する点に、私は強く共感を覚えた。これは人間の権利の主張なのである。

まあ、百鬼丸の言うことでも「新しい義足をくれ」というのは自分勝手な主張だが、「体を返せ」というのは妥当な主張であると感じる。

一方のどろろの宝で新しい国をつくるというのは、甘い理想であって、金があることが分かったら盗賊に襲われるだろうし、百姓だけで作った国が豊かなら、周りの国が領土に加えようとするだろう。それに百姓の合議制が単純にうまくいくとも思えない。

それは醍醐の国も同じことで、鬼神の力で天災から守られていても、戦国時代なのだから豊かな国ならやはり周囲の国から襲われるだろう。小さなひとつの国(領土)だけ豊かでいることは難しい。百鬼丸の体さえ鬼神の生け贄にすればそれで済むとは思えないのである。

それから、このアニメで不満なのは、どろろが女っぽいところ。原作でもあったような気がするが、このアニメではラストも含めて強く表現されているように思える。俺の中のどろろはもっと強(したた)かな子供なんだよなぁ。

 

(なぜかamazonの1話が貼り付けられない)

animestore.docomo.ne.jp

考察:画像の情報量は文字よりも多く、動画の情報量は更に多い

単純なグラフですらも、文字では伝えられない情報を一瞬で伝えることが出来るのだから、細かく描き込まれた漫画などは文学作品よりも遥かに多くの情報を一瞬で読者に伝えている。

ましてや動画などは画像が動いているだけでなく、音楽までも付いているので情報量は漫画よりも更に多い。

私のような古い世代は文章の書かれた本で勉強したから、時間ばかりかかってほんの少ししか学ぶことが出来なかったけれど、学習漫画Youtubeの動画で勉強している新しい世代の若者たちは、私たちには想像も出来ないような速さで学習を進めているに違いない。

一般相対性理論量子論なども動画で学べばたちまち理解できるようになるだろう。それに運動や将棋や碁、音楽や絵画などの芸術なんかも動画で学んだ方がずっと効率がいいに違いない。

もはや私のような年寄り世代は、若い世代の知能にとても敵わないのである。世界にとっては素晴らしいことである。

 

 

Youtube: 柏森進のコード進行講座第一回王道進行と丸サ進行とYOASOBI進行、前編:王道進行ってなに?

音楽は全般的に詳しくないし、作曲する予定もないのだが、mosaic.wavのファンなので見てみた。でもFANBOX課金はしていないので、箱の外のファンである。


www.youtube.com

mosaic.wavの作詞・作曲担当の柏森進が講師役で、ボーカルのみーこがアシスタント役。今回はウサミミ園児みーこ。アシスタント役というか、相手役なんだけど正直に言いたい放題なので、あまりアシスタント役にはなっていない。作曲を知らない人の立場をうまく表しているとも言える。この和音どんな印象を受けると柏森が聞いても、「浮気」とか「修羅場」とか答えるし、まあ、俺も和音が悲しい印象とかよく分からない。落ちの効果音のチャンチャンくらいは分かるが、繰り返し聴いた結果かも知れない。王道進行の変化も続けて聴くと少し違うように聞こえるが、同じようにも聞こえる。

作曲に無知ということで園児設定なのだろうが、お酒には詳しくてすぐに酒に例えるのはどうなんだろう。作曲講座としては、みーこのセリフも前もって仕込んだ方がいいような気もするが、それだと面白みがない気もする。まあ、俺も含めて見ている人の半分くらいはみーこのツッコミを楽しみしていると思うし。

例にアニソンが多いので聴いたことある曲が多いのは助かる。でも内容はよく分からんかった。丸サ進行とYOASOBI進行は後編で。

 

 

ゲーム進捗:ディスガイア5 ようやく修羅バール(☆なし)撃破

今ごろ何やってるんだって言われそうですが、GWにずっとアイテムを育てていて、そろそろいいだろうと思って修羅バールに挑戦したら、全然手も足も出なくて、でもこれ以上アイテムを鍛える必要はなさそうだったので、攻略動画を見たのである。

そして動画の通りにやろうと思ったが、そもそも部隊総攻撃って部隊を鍛えてないとダメじゃん。まあ、カレーとか魔ビリティとかを参考にしてやってもダメで、なんだか☆がついているみたいだと思って確認したら☆5になっていた。あれよ、前回転生してキャラ界に行く時にマナを貯めるために☆5にしたままになってたんだな。それとも転生後にレベルを上げる時か。前回っていつからだろう。

で、☆なしにしたら楽勝かというとそんなことはなく、ちょっと届かない。怒りチャージ衝撃チャージ属性チャージをつけてやってみたけど、まだ少し届かない。そうだ彗星のディザスターが使い切れずに余ってたと思って、開始時点で二発撃っておいたら、今度はウサリアの激昂のムルムルを撃った時点で、敵の雑魚(っていうほど雑魚でもないが)キャラが死んで、こちらのリベンジゲージをゼロにしてくれやがった。

このちょっと届かないけどちょっと余るという状態でしばらく苦戦する。つまりバールをみんなで寄ってたかって倒し、そのままバールビットに部隊総攻撃を掛けるわけだが、バールを倒す時点でちょっと攻撃が余る。そして部隊総攻撃は一つもバールビットを倒せない。

頭に来て、攻撃にあまり参加しないサポートキャラにも怒りチャージとか入れる。それでなんとかバールビット2体倒して2体残りに。そのうち1体は残りHPが少なかったので、余っていた攻撃キャラを集めてなんとか撃破。

そしてこれを使えば勝てるという背神のマギアを使ってターンを終える。が、復活したバールは余り役に立たないというか、一つ残ったバールビットの攻撃を期待していたのだが、それよりも、敵の攻撃対象になることで味方を守った。

2ターン目も味方がかなり生き残っていたので、HPがほぼ満タンのバールビット(星の守護神)に向かって全員で総攻撃。その前に、天使兵の愛の奇跡でキリアを生き返らせた。それから、これも生き残ってたゼロッケンの分身で攻撃力UPの石ころを再度集めたのであった(最初に攻撃力UPを集めたのも分身)。タワーより手数という気がしたのでタワーを積まずに星属性で手数を撃つ。魔法は50%の確率で回避されるみたいだが、気にせずにテラスターをバンバン撃ってなんとか星の守護神を撃破したのであった。スターライト属性チャージが効いているから星属性攻撃だけがなんとかダメージを与えられるのである。

撃破画面をスマホで撮ったつもりだったが、撮ってなかったので、仕方がないので撃破おみやげのグレートバールホーンを後から撮ったやつ。これから鍛えるのでイノセントを入れたところ。

 

アニメ感想:風人物語

3月くらいにdアニメストアで見放題に入ったので少しずつ見ていた。

風使いという風を操ることので出来る人の話……という部分はそれほどのウエイトを占めていなくて、基本的には女子中学生日常の話。それとおっさん。おっさんと女子中学生、特に恋愛はない(たぶん)。

風使いの人間よりも、風を使って飛ぶ(浮かぶ)猫の方が魅力的である。これがまたブサイクな猫でよい。猫だけでなく、人物や風景が手間がかかっていない感じなのがよい。アニメーターが楽できそうな絵である。それがそれなりの雰囲気を出している。

俺の好みとしては文学的すぎるが、作品としてはよいものだと思う。押井守監修。

 

animestore.docomo.ne.jp

読書感想:殺す手紙

図書館で適当に借りた本。

どういうジャンルなのかも分からんかったが、早川ポケットミステリーなのでミステリーだろうという程度の理解で読み始めた。

読み始めてすぐにミステリーじゃないかも知れないと思い始め、しばらくは悩んでいたがやがてどうでもよくなる。とにかく、主人公のラルフ・コンロイに共感できない。頭が悪くてその場限りの行動をするし、倫理観もない。そして事態に振り回されて主体的な行動をしない。

ストーリーは、主人公が親友からの謎の手紙に書かれた依頼に従ったところ次から次へとピンチになるというようなものだが、なんというか、意外なストーリーではあるのだが、意外であることを狙ったストーリーという印象の方が強く、主人公がピンチになっても、こちらは全然共感していないわけで、ピンチ感がない。

意外なストーリーなので、夢オチでも不思議はないというつもりで読んだが、夢オチではなかった。最後のオチ自体は、ストーリーと整合性がある。しかし、むしろ、そのオチと整合性をつけるために、ストーリー自体がダメになっているという印象である。

主人公が次から次へとピンチになるので、映像作品ならある程度楽しめるように思える。というか、そういう映像作品を意識して書かれた小説という気がする。

 

読書感想:ダークゾーン

図書館で借りた本。人間将棋というか魔物将棋というか、魔物となった主人公を含む人間たちが同じく魔物の姿となった人間たちと戦うパートと、人間だった頃の話のパートが交互に描かれる。

いやあ、貴志祐介なので一気に面白く読んでしまったのだが、でも人間パートは少し読んだらそういうことかと思って、その後は読み飛ばししてしまった。

一方の魔物将棋の部分は、よくよく考えてみると、実は将棋というよりもサバイバルゲームに近い。ターン制じゃないし、相手がどこにいるかも偵察しないと分からないし、多数で一人を倒すことも出来るし、全然将棋じゃない。でも将棋に例えて描写されるんだよね。まあ、成りというかプロモーションがあり、倒した相手を手駒に出来るという点は将棋っぽいけど。

ある意味、ゲーム世界転生なんだけど、ゲーム世界転生ものには戦略ゲーム的なものは少ない気がする。なのでやはり魔物になってサバイバルゲームをする話というのが一番適切な気がするのである。