ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

弓の腕前は分かりやすい。

エンタメで剣の腕前は分かりにくい。相手の強さによって違うし、練習ではせいぜい岩を切るくらいだろう。まあ、地球を切るとか、恒星を切るとかもあるかも知れないが。

その点、弓の腕前はエンタメでも、映像に限っても分かりやすい。最近の有名なものでは、バーフバリ王の凱旋での弓の曲打ち?があるが、最近、そんな感じのアニメを見たので記録しておく。

anime.dmkt-sp.jpこれまでは道士の綾遥の活躍が主だったが、ここに来てもう一人の主人公姫匡の弓の腕前が披露される。最初に射た矢を次の矢で引き裂くというのは序の口で、投げ上げたコインを次々と射る矢で弾きつつ矢は的に当てるとか、バーフバリと同様の三本の矢を同時に射るとか。

コインを投げてそれを撃つというのは、昔のアニメ荒野の少年イサムで、イサムとイサムに射撃を教えた兄貴分が披露している。コインを7枚投げて、6連発のリボルバーで落ちる前に全部撃てという課題だった。射撃も弓と同様に腕前が分かりやすい。

 

燃えろ! サンボーイ

燃えろ! サンボーイ

  • 発売日: 2017/09/11
  • メディア: Prime Video
 

 

荒野の少年イサム 1 (復刻版コミックス)

荒野の少年イサム 1 (復刻版コミックス)

 

 

キディ・グレイドのロボットと宇宙船

ロはロボットのロ。というかキディ・グレイドの話を続ける。ESメンバーという名の二人組それぞれに、宇宙船とロボットが装備として与えられている。ロボットは、ロボットアニメによくある搭乗して操縦するロボットではなく、自立して行動するロボット。エクレールリュミエール組に与えられているのはドナシュラーク。大きさは車くらいだろうか、立って3メートル位かなぁ。建物内を歩行できる(建物が大きいからか)。

自律ロボットだけど人語を話したりはしない。口頭の命令は理解する。人語を話さないというところがいい。人形の戦闘ロボットだけど変形して飛行することもできる。しかし、キャノピーはなくオープンカーというか、オープンの飛行機というか。そのまま宇宙に出ることもあるけど、ESメンバーは真空中で活動可能なので問題なし。

そしてワイヤーアームという腕をワイヤーで切り離して操作できる。いやこの微妙なところがいい。だって、ロケットパンチが壁にめり込んだらどうやって回収するのか。ワイヤーアームなら引っ張れば戻る。遠距離攻撃というよりも伸びるパンチみたいな。でもワイヤーがかなり伸びているシーンもあったけど。

エクレールリュミエールに与えられている宇宙船はラミューズ、そして搭載AIはヴィルベルヴィントヴィルベルヴィントも人語を話さないけれど、ドナシュラークよりも人間的な振る舞いをする。リュミエールヴィルベルヴィントの関係もいいんだよなぁ。とっておきのワイン(葡萄ジュース)を出すところとか。

主役機交代みたいなシーンもあるけど、これは乗り換えというよりも死んだと思ったあの人が生きていた的なシーンで、目立った機能向上はない。乗り換えはむしろ体でやってる。

エンタメ雑記:バディもの

キディ・グレイドの4周目くらいを見終わった。これはねぇ、いいんですよ。パンツアニメだけど。バディものだし。単に主役コンビがそうだというだけでなく、多くのバディが登場するのもこの作品のいいところ。

百合だけど、百合というより相棒というイメージが強い。老夫婦百合というか、長い付き合いだからもう性別関係ないというか。

 そもそもバディって何ってこともあるけど、やはり二人組で何か任務に当たるというやつではないでしょうか。そういう点では刑事モノが多いと思う。えーと「佐武と市捕物控」とか「おやこ刑事」とか。でもシャーロック・ホームズは違う気がする。なんか二人の関係が対等ではないので。いっぱいある気がするのに、急には思いつかない。そうそう鋼鉄都市も刑事二人組だった。

人間じゃないものとのバディは、それこそSFにはいっぱいあると思ったが、やはり急には思いつかない。老化であろう。私が非常に好きな作品だが、あまり検索結果が多くないTERRAの工作員シリーズもバディもの。まあ、百億の針もそうか。でも百億の針は喧嘩もするけど息のあったコンビというのとは少し違う気がする。ウルトラマンがバディものかというと、違うだろうというのと似ている。

アニメではタイバニがバディものだけど、ほかのヒーローが単独な点がキディ・グレイドとは違う。その点、タイバニ後継とも言える(?)ダグ&キリルは、複数のバディという点で良いアニメだった。

刑事じゃなくて泥棒だけど、ルパン三世石川五ェ門が加入する前はいい感じのバディもの。ゴエモンさえいなければ。

そういやバディ・コンプレックスというロボットアニメもあったけど、あまり印象に残っていない。ゼーガペインは難しい。いや、いいコンビなんだけど、明白に恋愛関係にあるからなぁ。戦闘中はいいバディだと思うけど。

特撮のバロム・1はなぁ。いや、たぶんバディものなんだろうけど、ちょっと幼い感じが、バディと言うよりも友情という印象が強い。ゴーダンナーは夫婦だし、やはり違うような。

なんだが、これを忘れちゃいけないというのを忘れている気がする。東海道中膝栗毛弥次喜多は任務ないけど、やじきた学園道中記は、いい百合バディだと思う。

 

アニメ感想:プリパラ2nd 73話

dアニメストアの配信でみているプリパラ。

紫京院ひびきの回。

単なる悪役ではなかった。ちゃんと実力を見せつけるライブシーンが素晴らしい。実力のある悪役。なんと、ひとりで1話で2回(アンコールだが)もライブしている。

いやいや、黄木あじもすごいキャラだが、紫京院ひびきもすごい。このままではイロモノと悪役のまえで主役が色あせてしまうぞ。

 

 

anime.dmkt-sp.jp

2020年秋アニメ1話感想:おちこぼれフルーツタルト

きらら枠。寮の取り壊し危機のために結成されたアイドルユニット「フルーツタルト」の話。とか、そんな深刻な話ではない。

きらら枠らしい話である。1話では4人組だったけど、OP映像では5人組?のような。

ネタかと思ったネズレンジャーの曲(と踊り)が意外と良くて、曲にも力を入れているのかと思うと、今後に期待が持てる。

 

 

anime.dmkt-sp.jp

エンタメ考察:一宿一飯の恩義

トライガンを見ていたら、やはり西部劇はいいなぁとか思ったり、いろいろ考えているうちに、時代劇のことを考えるようになった。そして、水戸黄門は時代劇としては例外だよなぁと思ったのである。

私の考える典型的な時代劇(TVシリーズ)は、流れ者の主人公がどこかの宿場町にたどり着いて、行き倒れになりそうになって茶店の美人の娘に助けられて飯を食わせてもらう。そこの茶店に難癖をつけに来るヤクザがいて主人公がそいつらを追い払う。これが主人公対多人数の雑魚という戦い。それからいろいろあって、ヤクザの用心棒が出てきて、用心棒との一対一の決闘。これがボス戦。娘には想い人がいて結ばれる。主人公はカップルを祝福して宿場町を去っていく。とかいう感じのもの。

でも世話になるのは茶店ではなくて、弱小ヤクザということもあり、つまりは主人公には正義があるという訳ではない。視聴者が共感するような事情があるという程度に過ぎない。それでも主人公が命をかけて戦うのは一宿一飯の恩義があるからである。まあ、それ以外にも、主人公が自分の命を大切に思っていないというのもあろう。

そこで思ったのは、一宿一飯の恩義というのは戦いの理由として素晴らしいということである。正義でも愛でもないくだらない理由で命をかけて戦う。主人公の強さはもちろん羨ましいのだが、それ以上に、自分の命をなんとも思わない流れ者としての生き方が素晴らしいというか、素晴らしくないというか。そういう生き方に憧れる気持ちもありながら、そういう生き方はできないという気持ち。正義でも善でも愛でもなく、それは自由な生き方なのである。

正義とか愛とか世界を救うとか大仰すぎるんだよね。チャンバラで強い主人公が勝つというエンタメなのだから、そんな大層な理由付けはいらないのである。

まあ、自分の命を大切に思っていないのはひとりものの浪人、つまり無職だからである。子供を主役しなければならない昨今のエンタメでは難しい。

 

第一話 女だてらに強かった。

第一話 女だてらに強かった。

  • 発売日: 2016/09/14
  • メディア: Prime Video
 

 

アニメ感想:トライガン

漫画原作のアニメ。26話で一応最後まで行っている(たぶん)。漫画は読んだ記憶があるが、最後までは読んでいないと思う。

前に一度配信でTVシリーズと総集編劇場版を見ているので、TVシリーズを見るのは2回目である。

前半は西部劇っぽい作りで、お調子者風の主人公と保険調査員の二人の女のコメディ風の話。その部分は大変いい。主人公は俺ツエーだけど、殺さない主義なので、全身傷だらけという設定。すごく強いけど戦いを避ける人という設定は昔はよくあった格好いい設定だけど、ゲーム世界が前提となる最近のエンタメではあまり使われていないような気がする。

でも、後半がつらい。暗いし、主人公ヴァッシュがウジウジしてる。前半にウジウジしている主人公ですら鬱陶しいのに、後半にウジウジしている主人公の鬱陶しさはかなりのものがある。その反面、脇役がいい。というか、もう後半の主役はウルフウッドと言ってもいいのではないだろうか。

脇役と言えば、メインヒロインではない、ミリィ・トンプソンがいい。まあ、ウルフウッドが主役ならミリィはメインヒロインだけど。大きい女なのもよい。そしてウルフウッドと朝チュンがある。これはもうアニメ版はウルフウッドとミリィの話として良いのではないだろうか。

 

トライガン(1) (ヤングキングコミックス)
 

 

anime.dmkt-sp.jp