読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

ショックを避けるために嫌なことを想定しておくと、先に嫌な気分になる。

政治 生活

ライフハック:嫌なことが起こってショックを受けるのを避けるために、嫌なことが起こると想定しておく。

いや、そんなライフハックでPV稼いでいる奴はいない。しかし、悲観のための悲観ではなく、一応はですね、一度に大きなショックを受けると、問題行動に出たりする可能性もあったりなかったりするので、それを避けるために悲観的な結果を予測しておくわけですよ。

しかし、悲観的な結果を予測すると嫌な気分になるわけです。もちろん、悲観的な結果が実現しなければ、その時には「よかった」と安堵するわけですけど、どうにもこうにも悲観的な結果の実現率がどんどん上昇してくると、それにつれてどんどん嫌な気分になるわけですよ。割に合わんでしょ、このライフハック

愚行権

なんか、愚行権という考え方があるらしいんですけど、俺は好きですよ、愚行権。いや、実は俺はある意味では最下層民の出身なんだけど、ある意味では坊っちゃん育ちで、なんかやろうとすると親がいろいろ先回りして手配しちゃうんですよ。それがすごく嫌で「失敗してもいいから全部俺が思うようにやらせろ」ってよく思ってたんですよ。まあ、親に隠れていろいろやるようになってたくさん失敗したりする訳ですが、それはよい経験になりましたよ。

で、民主主義にも愚行権はあるんじゃないかという気もします。まあ、盛大にまわりの人間に迷惑をかけることになるけど、それもまた一興、結局のところ痛い目に何度も何度もあって、そしてちょっとだけ学習する(かも知れない)というのが人間社会の進歩ではないでしょうか。もちろん、悲観したようにはならないでうまくいっちゃうことだってあるわけで、それはそれでいいわけだし。

というわけで、悲観的に考えるのはやめて、楽観的に考えるようにしますよ。

ライフハック:避けられないことは楽観的に考えよ。

国民投票のために莫大な量のTVCMを投入して来ても、俺はTV持ってないし。景気が浮揚するくらい大量の広告費を使うってなら、それもいいかもしれない。