読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

大阪てのひら怪談に応募した

そういや、応募したのだった。大阪なんて何も知らないし、1回めの時は応募しなかったんだけど、こじつけでも大阪に関連させればいいんじゃないのってことで、今回は応募した。

osakakwaidan.hatenablog.com

ペンネームでの応募なので、ネギじゃないよ。大阪にこじつける一番簡単な方法は地名を出すことだろう。つまり、田んぼに梅の木を植えて梅田とか。そんないいかげんな感じで気楽に出しましたよ。

大阪との関連はいいかげんなんだけど、二回書き直しての3稿での応募ですよ。かなり気合が入っている。細かいところを書き直したのではなく、最初から全部書き直してる。まあ、800字だし。

最初に適当に書いたら1600字くらいになり、頑張って削って800字にしたものの、どうも大阪との関連が弱い。地名がはっきりと書かれていないのが悪い。分かる人には分かるはずだが、分からんと言われてもそうかとしか答えられないから。

で、2稿では大阪との関連がはっきり分かるようにし、かつ終わりに明白なオチをつけた。が、これも1200字くらいだったのを800字に縮めたら、なんか粗筋だけみたいになってしまって、粗筋とオチだけではどうもつまらない。これなら最初の方がよかったと反省。

そして3稿で考えを改め、大阪との関連は地名を出すところだけにし、はっきりとしたオチもなくして情感がでる感じで書き直したら900字くらいになったので、少し削って800字に。いい感じだったのでこれにしようと決める。

そして一晩寝かせて、次の日に読み直し、表現のひっかかるところを2、3個所直してメールで応募した。うん、まあ、いいんじゃね。第1回の受賞作とか読んでおいたほうがよかったかも知れないが、気にしない、気にしない。

 

([か]2-1)てのひら怪談 (ポプラ文庫)

([か]2-1)てのひら怪談 (ポプラ文庫)

 

 って、応募作と応募者が公開されてるんだけど、オキシタケヒコとかプロじゃねーか。なんだよ、そーゆー系の募集だったのかよ。個人的にはなかなか良くできたと思うけど、プロと対抗できるようなもんじゃないよ。

 

波の手紙が響くとき (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

波の手紙が響くとき (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)