読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

漫画の読み方を忘れる

漫画 アニメ

こんなことを言っても若い人には実感がないかもしれないが、しばらく読んでないと漫画の読み方を忘れるもんだ。一時は、ずいぶん少女マンガを読んだものである。萩尾望都は当然として、一条ゆかり陸奥A子、くらもちふさこ和田慎二なんかを読んだ。そう、美内すずえも。それどころか、ファンタジー要素のないほぼ純粋な少女漫画、しらいしあいの「ばあじん・おんど」も楽しんで読んだのだ。

ところが、先日、赤髪の白雪姫というアニメを見た時に、これは少女マンガだなと思ったものの、少女漫画の見方を忘れていて、作品に入れなかった。なんということだ。はちみつとクローバーのアニメもなんか入り込めなかった。アニメがどうこうじゃなくて、その元になっているマンガの基本的な楽しみ方を忘れているのだ。なんてこった。

それも少女マンガだけではないのである。どうもジャンプ系マンガもダメになったみたいで、まあ確かにジャンプは週刊マンガ雑誌で最初に読まなくなった雑誌なんだけど、「僕のヒーローアカデミア」のアニメを受け付けないのである。不思議な事だが本当なのだ。つまらないとか面白いとかじゃなくて、お約束についていけないようなのだ。

一方、このところ見ることが多い、ラノベ系作品のお約束にはついていけるのである。たくさん見た結果としか言いようがない。面白いとかつまらないとかじゃなくて、お約束を受け入れることが出来るかどうかという問題なのである。いやあ、困ったものだ。

でも、これは俺だけじゃなくて、誰でも多かれ少なかれあることなんじゃないかな。

面白ければなんでもいいというのが俺の主義だが、ちょっとそのジャンルから遠ざかっていると、そのジャンルの面白さの感覚を忘れてしまうのである。まいったなぁ。

ばあじん・おんど (1) (集英社文庫―コミック版)

ばあじん・おんど (1) (集英社文庫―コミック版)

 

 

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

 

 

はみだしっ子 漫画文庫  全6巻 完結セット (白泉社文庫)

はみだしっ子 漫画文庫 全6巻 完結セット (白泉社文庫)

 

 

おしゃべり階段 (集英社文庫―コミック版)

おしゃべり階段 (集英社文庫―コミック版)