ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

パフォーマンスが嫌いなのだった。

よく考えてみたら、私はパフォーマンスというものが嫌いなのであった。 いや、娯楽としてのパフォーマンスは好きですよ。いや、いや、いわゆる一部のユーチューバーがやるようなものが娯楽かどうかはさておいて。 パフォーマンス - Wikipedia 私が嫌いなのは…

アニメ感想:エロマンガ先生

まあ、面白いっちゃ面白いんだけど。個人的にはラノベ作家が多すぎるって気がして仕方がない。世の中にはラノベ作家大勢いるんだけどさ。「俺の妹が……」の場合は、妹は天才的才能の持ち主だけど、そういう天才は一人しかいないわけだが、こっちは天才ではな…

アニメ感想:アリスと蔵六

まあ、面白かった。思ったよりも面白かったような気もするし、思ったとおりに面白かったような気もする。 キャラクターとしては早苗ちゃんがいいね。ぽわっとしたところが。ラストの方の話に引きづられて忘れてたけど、戦闘シーンもけっこうあったのだ。今に…

アニメ感想:武装少女マキャヴェリズム

一言で言うと「格闘ツンデレハーレム」みたいな話。戦って勝てばデレるという、エロゲ的なシステム。 私が好むようなアニメではないのだが、なんとなく最後まで見てしまった。 武装少女マキャヴェリズム (1) (カドカワコミックス・エース) 作者: 神崎かるな,…

マラソンと熟考

マラソンが嫌い。 典型的な体育嫌いだからね。マラソンとか苦しいだけだと思う。それは正式なフルマラソンだけでなく、子供の頃学校でやらされた長距離走が嫌いだということである。 でも、最近は健康ブームというよりも、それ以上にこのままでは健康保険が…

アニメ感想:兄に付ける薬はない! 快把我哥带走

これは、まあ面白かったよ。ショートアニメだし。 中国の「一人っ子政策」終了からそんなに経ったのかって思ったけど、Wikipediaによると一人っ子政策の終了は2015年なので、この兄妹(高校生と中学生)は両親が一人っ子などの理由によって適用除外にあ…

アニメ感想:ゼロから始める魔法の書

まあ、そんなに悪くない。 キャラとしては、ヒロインよりも傭兵がいいね。もふもふ。ヒロインはデレ過ぎ感あり。 ちょっとだけシリアスっぽい魔女狩り風なところがあるけど、半端な印象を受けた。 追記:なんということだろう。10話で終わったと思って感想…

アニメ感想:夏目友人帳 陸

いつもの夏目友人帳だった。書くことない。たぶん、まだまだ続くよ。 夏目友人帳 ティッシュカバー ニャンコ先生 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ 発売日: 2015/07/31 メディア: おもちゃ&ホビー この商品を含むブログを見る

アニメ感想:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

水準作かな。 学園ハーレムで魔法バトルもの。あの制服はないわな。教師というところがちょっと変則。そんなに悪くない。 最初はもっとダメな教師かと期待したけど、二話であっさり実力バラしてしまってあとは普通だった。最終ニ話は急ぎすぎた感があるけど…

個人的感覚:動画広告が鬱陶しい

パソコンでネットの新聞などを見ているときに表示される動画広告が鬱陶しいと個人的に感じる。いや、動画でない広告も好きではないが、動画広告は格段に鬱陶しい。 どのくらい鬱陶しいかというと、例えばネットで動画配信をするサービスの動画広告が表示され…

アニメ感想:銀の墓守

これは分からんかった。怪作。視聴者が試される。 ギャグとシリアスの混ざったアニメなんだけど、笑いどころがよく分からんのだ。作中のクソゲーが実にひどいクソゲーなんだけど、たぶんそこは笑うところなんだろう。 あとシリアスストーリーとしてはすごく…

アニメ感想:つぐもも

見終わった。 エロとバトルというモノなんだが、どうも合わなかった。全裸とかすぐに出てくるし、絵面というかそれだけ見ればエロなんだけど、決定的に色気がない。まあ、キャラとしてはそれでいいと思う。色気のないキャラなんだよな。むしろ母性に近いのか…

快楽は一瞬、苦痛は永遠

悲観的なのです。 これまで何度も仕事を止めてきたけど、その度に思うのは、苦しい状態は仕事をやめない限りずっと続くという感覚。締め切りとか納期とかがハッキリしていてそこを過ぎれば楽になるということが分かっている場合は別だが、そうでなければ問題…

CM保存問題

「CMは時代を写す鏡と言われている」ときっと誰かが言っていると思うのだが、TVCMはテレビ録画の際に保存されてきて、確かにその時代を反映する一流の資料となっていると思う。 ところで、未来の研究家に現代ネット社会の様子を伝えるために、ネットC…

政治:昔取った杵柄

ロシア人は独裁が好きだし、日本人は全体主義が好き。 そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。しかし、どうもそうではないという気がしてきたのでちょっと書いておこう。といってもタイトルで書いているとおりで、要は昔とった杵柄ってやつじゃない…

アニメ感想:暗殺教室

1期、2期を続けて見た。 よく出来たアニメですな。人気があるのも当然でしょう。 暗殺教室 21 (ジャンプコミックス) 作者: 松井優征 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/07/04 メディア: コミック この商品を含むブログ (16件) を見る 教師ものってのは…

読書感想:数学者のアタマの中

数学に関連した内省的エッセイ。 数学者のアタマの中 作者: D.ルエール,David Ruelle,冨永星 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/04/23 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (7件) を見る 比較的高度な内容かも。グロタンディークの話…

食い意地

私は食い意地が張っている。食い意地が汚いとも言える。が、ものを食うのは好きではない。わけが分からないと思うかもしれないが、実際にそうなんだから仕方がない。 食い意地が張っているというのは、まるで食糧難の時代を経験したかのように、目の前にある…

アニメ感想:アウトブレイク・カンパニー

事前に少し内容を知っていたのだが、その事前情報から期待していたのとは全然違うアニメだった。 アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫) 作者: 榊一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/11/13 メディア: Kindle版 この商品を含…

マクスウェルの悪魔を使った特許を考える

少し古いネタになるが、 pc.watch.impress.co.jp マクスウェルの悪魔の存在が証明されたので、これを使って儲けることを考える。と言っても、マクスウェルの悪魔を召喚できる能力があるわけではないので、アイデアだけで儲けるとすると、特許ということにな…

校正同人利用の結果

創作小説の校正というのを頼んだのである。その校正結果が返ってきて修正したのでその感想など。 ad2217.hatenablog.com これ、結果的には私に向いている。というのは、私はプログラーマーであって、コンパイルのワーニングを消すのは得意なのである。通常の…

アニメ感想:ルパン三世新シリーズ

ゴールデンウィークに見終えたが、感想を書いていなかった。見終えたアニメは感想を書くという方針なので今から書く。 個々の話は面白いです。いや、俺はおっさんだから昔のシリーズの記憶があってそれと比較してしまうかと思ったけれど、ハイ、もう昔のシリ…

アニメ感想:ひだまりスケッチx☆☆☆, ひだまりスケッチハニカム

ゴールデンウィークに見終えたけど、感想を書いていなかった。 やっぱいいよね。アニメでは基本ゆのが主役っぽいけど、嫁ばかりでなくツンデレも従えて妹まで登場する沙英こそが真の主役かも知れない。その上、ラノベ?作家とか出来過ぎなので、却って表の主…

mac で認識できなくなったUSB HDDが復活した。

以前にmac book pro から mac mini に乗り換えたんですよ。その時に、TimeMachineのバックアップから環境を復元しようとしたら、USB HDDを認識しなかったわけです。 ad2217.hatenablog.com その後も、mac mini に繋いでも認識しないし、ディスクユーティリテ…

アニメ感想:信長の忍び

見終わったので、感想を書かねば。 2016秋アニメの中で最高ではないだろうか。あー、他に何やってたか急には思い出せないけれど。ショートアニメなのが残念だが、ショートアニメでなければこのテンポは出せないと思うのでやむなし。 やっぱりアニメや漫…

創作活動してた

ゴールデンウィークは創作活動してた。SF大会創作講座用の原稿書きと推敲。なかなかつらい感じでした。すぐに気力が尽きるので、そうしたら酒を飲んで寝て起きてからまた書くという。 それにもかかわらず、長さは五十枚程度という短編。才能ある人は一日で…

2017春アニメ1話感想その7

いやあ忙しいのによく見てるな。俺。これでだいたい終わりかな。「信長の忍び」の今期分の配信がまだ来ないけど。というか、ようやく前期の最終話が配信されたところだが。 月がきれい 青春の甘酸っぱさを甘酸っぱく煮詰めたような甘酸っぱい恋愛もの。おっ…

オートマトンについて二つ

直接なにかの書籍に関係するということもないけれど、先日オートマトンについて考えたので、忘れないうちに関連することを二つ書いておこう。 本当の有限ってやつを見せてやりますよ 無限については多くの人が語っているが、有限について語る人はそれに比べ…

川添愛「白と黒のとびら」と他のオートマトン本の話の流れとポイントの比較

川添愛の「白と黒のとびら」についての批判を書こうとしているが、いろいろ面倒である。まずプッシュダウンオートマトンと文脈自由文法までの話の展開を比較してみたいと思う。 オートマトン・言語理論の基礎 米田政明監修 以下、この本を米田本として参照す…

2017春アニメ1話感想その6

ほんとまとめて書いてあったほうが読む方は楽ってのは、わかってるんだけど、見てしばらくすると忘れてしまうんだよ。2話まとめているのが、せいいっぱいなのだ。勘弁な。 ゼロから始める魔法の書 なんか今期アニメは全般的に分かりやすいような気がするの…