ネギ式

適当に生きるおっさんのブログ

ヒーローとヒロインの非対称性について

アニメでもラノベでもいいんんだけど、ヒロインに対応する男を表す言葉が思いつかなくて困ることがある。 これはヒーローという言葉からはつい「英雄」という日本語訳を思いついてしまい、ヒロインは日本語に訳さずに(エロゲの)ヒロインのように思う俺が悪…

今から間に合う夏休みの読書感想文

間に合わないかも。 無味礼讃―中国とヨーロッパの哲学的対話 作者: フランソワジュリアン,Francois Jullien,興膳宏,小関武史 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 1997/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る タイトルもそうだけど、「哲学的対話」と…

今から間に合う夏休みの自由研究

このブログを見たので便乗しよう。 shigeo-t.hatenablog.com嫌われものはどんなところに住んでいるかな? 好きなものを調べる人は多いけれど、嫌われものを調べるのも面白いよ。みんなの嫌われれものはどんなところに住んでるかな。嫌われもの採集をして、住…

今から間に合う夏休みの自由研究

このブログを見たので便乗しよう。 shigeo-t.hatenablog.com嫌われものはどんなところに住んでいるかな? 好きなものを調べる人は多いけれど、嫌われものを調べるのも面白いよ。みんなの嫌われれものはどんなところに住んでるかな。嫌われもの採集をして、住…

予言:やがて健康ブログで記事が引用されるであろう。

仮説は棄却されたのだ! だが、この記事はやがて健康系のブログで引用されるだろう。プラスチックの有害性を示す記事として。 wired.jp棄却された仮説を記事にしたのは、やはりその内容が読者の注目を集めると考えたからだろう。それは原文の記者もそう考え…

アニメ感想:ディーふらぐ!

2014年冬アニメ。dアニメストアで配信されたので見た。 2017夏アニメでは「ゲーマーズ」「New Game」とゲーム関連を見ているのだが、「ディーふらぐ!」もゲーム制作部(仮)の話である。 ディーふらぐ! 1 (コミックアライブ) 作者: 春野友矢 出版…

ネタバレ読書感想:宇宙に「終わり」はあるのか

十年に一度くらいは最新宇宙論を読んで知識を更新したい。 宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) 作者: 吉田伸夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/15 メディア: 新書 この商品を含むブロ…

職業訓練について

職業訓練は重要である。 義務教育というものは、特定の職業を前提としない基礎能力訓練であると考えられる。一方、職業訓練は、特定の職業に特殊化した訓練と言えるだろう。 ここで問題となるのは、職業によって労働条件や収入が大きく異るということである…

キーボード入力の快感

実はREAL FORCE派なのである。 そして、前から欲しいと思っていた静音タイプの物を買ったのである。 東プレ キーボード REALFORCE91UBK-S テンキーレス日本語配列カナなし USB 有線接続 静音タイプ 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS 出版社/メーカ…

わかっちゃいるけどやめられない

子供の頃からの無鉄砲で……じゃなかった、注意力散漫でテストの時にはケアレスミスの連発。先生から何度もケアレスミスが多すぎると注意されたが、本質は分かっている、単なるケアレスでテストの点が取れていないだけだから気にしない。テストの点が重要では…

漫画とアニメの感想:この世界の片隅に(ヴォネガットとの対比とか)

アニメを見てから、漫画を読んで、またアニメを見た。 漫画は白黒なので、最初漫画を読んだ時は浪のうさぎも鉛筆で描いたのかと思ったけど、よく見たら筆で描いていた。でもアニメの方がずっと絵筆で描いた感じがする。 なんというか、漫画のとおりに、そし…

アニメ感想:この世界の片隅に(1回め)

dアニメストアでレンタル(月額とは別にお金を取られる)。そしてNexus7で視聴というたぶんそんなに奨励されない視聴方法。そしてまだ1回めを見ただけ。 映像が素晴らしい よく映像が素晴らしいと言われるアニメの映像は、確かに素晴らしいのだが、このア…

ガラケーから格安スマホへ乗り換え

まあ、ガラケーでも十分なんだけど。都会に出て道に迷った時に便利かなと思って。 で、機種とかいろいろ決めねばならないわけだが、ググっても無駄と知りつつ、一応ググってみたけど、やはり全部が全部アフィサイトのように見えて、一切信用できない。困った…

読書感想:数秘術大全

はぁ、厚い本だった。いや、それほどでもないか。 数秘術大全 作者: アンダーウッド・ダッドリー,森夏樹 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2010/02/11 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る これは数秘術批判の本である。だが…

2017夏アニメ1話感想その3

dアニメストアで配信が来たものから 異世界はスマートフォンとともに。 女神じゃなくて男の神様に会って転生。和室とちゃぶ台はたぶんテンプレ的なもの。 願望充足にステータスを振り切った話。身体能力も高められているし、魔法の才能もずば抜けているし、…

アニメ感想:甲鉄城のカバネリ

dアニメストアで配信されたので。 甲鉄城のカバネリ 無名 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア 出版社/メーカー: グッドスマイルカンパニー 発売日: 2017/08/31 メディア: おもちゃ&ホビー この商品を含むブログを見る 最初は、すごくいいと思…

2017夏アニメ1話感想その2

けものフレンズのせいでというわけでもないのだが、今回タイトルだけで見ないことにするのはやめて1話くらいは見てみようと思っていたのだが、やはりそれは間違いで、向いてないものは向いてないのであった。 なので、1話を最後まで見たものだけ。 ナナマ…

アニメ感想:ワールドトリガー

長かった。73話もあるのだ。 これは見事に規制や批判を回避したアニメだと思う。腕がもげても足を切られても血が出ないで、きれいなキラキラした光の粒が飛び散るだけなのである。そういう設定なのだ。そして登場人物の何人かは口になにか棒状のものを咥え…

2017夏アニメ1話感想その1

なんかちょっと見るのが大変なんだけど、1話くらいは見てバシバシ切っていくという方向で。 ナイツ&マジック なんか1話がすごく話の展開が早いというか、説明をするのと同時に話を飛ばしている訳で、つまりどういうことかというと、普通のエンタメ構成技…

アニメ感想:覆面系ノイズ

今期一番のお気に入り。 でも「正解するカド」とかよさそうなのに配信されてないという事情もある。 いや、でもいいですよ。芸術は爆発だ!って儂らの若い頃、岡本太郎がTVCMで言ってたけど、それ。暴走するヴォーカルがいい。人の話を聞かない。それど…

アニメ感想:ひなこのーと

もっと演劇要素あるのかとおもったけど、そんなにはなかった。ただひたすらかわいいだけのアニメである。まあ、かわいいからいいけど。 また、OP/EDがいい。ずっと見ていたい感じがする。 ひなこのーと 1 (MFC キューンシリーズ) 作者: 三月 出版社/メーカー…

パフォーマンスが嫌いなのだった。

よく考えてみたら、私はパフォーマンスというものが嫌いなのであった。 いや、娯楽としてのパフォーマンスは好きですよ。いや、いや、いわゆる一部のユーチューバーがやるようなものが娯楽かどうかはさておいて。 パフォーマンス - Wikipedia 私が嫌いなのは…

アニメ感想:エロマンガ先生

まあ、面白いっちゃ面白いんだけど。個人的にはラノベ作家が多すぎるって気がして仕方がない。世の中にはラノベ作家大勢いるんだけどさ。「俺の妹が……」の場合は、妹は天才的才能の持ち主だけど、そういう天才は一人しかいないわけだが、こっちは天才ではな…

アニメ感想:アリスと蔵六

まあ、面白かった。思ったよりも面白かったような気もするし、思ったとおりに面白かったような気もする。 キャラクターとしては早苗ちゃんがいいね。ぽわっとしたところが。ラストの方の話に引きづられて忘れてたけど、戦闘シーンもけっこうあったのだ。今に…

アニメ感想:武装少女マキャヴェリズム

一言で言うと「格闘ツンデレハーレム」みたいな話。戦って勝てばデレるという、エロゲ的なシステム。 私が好むようなアニメではないのだが、なんとなく最後まで見てしまった。 武装少女マキャヴェリズム (1) (カドカワコミックス・エース) 作者: 神崎かるな,…

マラソンと熟考

マラソンが嫌い。 典型的な体育嫌いだからね。マラソンとか苦しいだけだと思う。それは正式なフルマラソンだけでなく、子供の頃学校でやらされた長距離走が嫌いだということである。 でも、最近は健康ブームというよりも、それ以上にこのままでは健康保険が…

アニメ感想:兄に付ける薬はない! 快把我哥带走

これは、まあ面白かったよ。ショートアニメだし。 中国の「一人っ子政策」終了からそんなに経ったのかって思ったけど、Wikipediaによると一人っ子政策の終了は2015年なので、この兄妹(高校生と中学生)は両親が一人っ子などの理由によって適用除外にあ…

アニメ感想:ゼロから始める魔法の書

まあ、そんなに悪くない。 キャラとしては、ヒロインよりも傭兵がいいね。もふもふ。ヒロインはデレ過ぎ感あり。 ちょっとだけシリアスっぽい魔女狩り風なところがあるけど、半端な印象を受けた。 追記:なんということだろう。10話で終わったと思って感想…

アニメ感想:夏目友人帳 陸

いつもの夏目友人帳だった。書くことない。たぶん、まだまだ続くよ。 夏目友人帳 ティッシュカバー ニャンコ先生 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ 発売日: 2015/07/31 メディア: おもちゃ&ホビー この商品を含むブログを見る

アニメ感想:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

水準作かな。 学園ハーレムで魔法バトルもの。あの制服はないわな。教師というところがちょっと変則。そんなに悪くない。 最初はもっとダメな教師かと期待したけど、二話であっさり実力バラしてしまってあとは普通だった。最終ニ話は急ぎすぎた感があるけど…

個人的感覚:動画広告が鬱陶しい

パソコンでネットの新聞などを見ているときに表示される動画広告が鬱陶しいと個人的に感じる。いや、動画でない広告も好きではないが、動画広告は格段に鬱陶しい。 どのくらい鬱陶しいかというと、例えばネットで動画配信をするサービスの動画広告が表示され…

アニメ感想:銀の墓守

これは分からんかった。怪作。視聴者が試される。 ギャグとシリアスの混ざったアニメなんだけど、笑いどころがよく分からんのだ。作中のクソゲーが実にひどいクソゲーなんだけど、たぶんそこは笑うところなんだろう。 あとシリアスストーリーとしてはすごく…

アニメ感想:つぐもも

見終わった。 エロとバトルというモノなんだが、どうも合わなかった。全裸とかすぐに出てくるし、絵面というかそれだけ見ればエロなんだけど、決定的に色気がない。まあ、キャラとしてはそれでいいと思う。色気のないキャラなんだよな。むしろ母性に近いのか…

快楽は一瞬、苦痛は永遠

悲観的なのです。 これまで何度も仕事を止めてきたけど、その度に思うのは、苦しい状態は仕事をやめない限りずっと続くという感覚。締め切りとか納期とかがハッキリしていてそこを過ぎれば楽になるということが分かっている場合は別だが、そうでなければ問題…

CM保存問題

「CMは時代を写す鏡と言われている」ときっと誰かが言っていると思うのだが、TVCMはテレビ録画の際に保存されてきて、確かにその時代を反映する一流の資料となっていると思う。 ところで、未来の研究家に現代ネット社会の様子を伝えるために、ネットC…

政治:昔取った杵柄

ロシア人は独裁が好きだし、日本人は全体主義が好き。 そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。しかし、どうもそうではないという気がしてきたのでちょっと書いておこう。といってもタイトルで書いているとおりで、要は昔とった杵柄ってやつじゃない…

アニメ感想:暗殺教室

1期、2期を続けて見た。 よく出来たアニメですな。人気があるのも当然でしょう。 暗殺教室 21 (ジャンプコミックス) 作者: 松井優征 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/07/04 メディア: コミック この商品を含むブログ (16件) を見る 教師ものってのは…

読書感想:数学者のアタマの中

数学に関連した内省的エッセイ。 数学者のアタマの中 作者: D.ルエール,David Ruelle,冨永星 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/04/23 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (7件) を見る 比較的高度な内容かも。グロタンディークの話…

食い意地

私は食い意地が張っている。食い意地が汚いとも言える。が、ものを食うのは好きではない。わけが分からないと思うかもしれないが、実際にそうなんだから仕方がない。 食い意地が張っているというのは、まるで食糧難の時代を経験したかのように、目の前にある…

アニメ感想:アウトブレイク・カンパニー

事前に少し内容を知っていたのだが、その事前情報から期待していたのとは全然違うアニメだった。 アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫) 作者: 榊一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/11/13 メディア: Kindle版 この商品を含…

マクスウェルの悪魔を使った特許を考える

少し古いネタになるが、 pc.watch.impress.co.jp マクスウェルの悪魔の存在が証明されたので、これを使って儲けることを考える。と言っても、マクスウェルの悪魔を召喚できる能力があるわけではないので、アイデアだけで儲けるとすると、特許ということにな…

校正同人利用の結果

創作小説の校正というのを頼んだのである。その校正結果が返ってきて修正したのでその感想など。 ad2217.hatenablog.com これ、結果的には私に向いている。というのは、私はプログラーマーであって、コンパイルのワーニングを消すのは得意なのである。通常の…

アニメ感想:ルパン三世新シリーズ

ゴールデンウィークに見終えたが、感想を書いていなかった。見終えたアニメは感想を書くという方針なので今から書く。 個々の話は面白いです。いや、俺はおっさんだから昔のシリーズの記憶があってそれと比較してしまうかと思ったけれど、ハイ、もう昔のシリ…

アニメ感想:ひだまりスケッチx☆☆☆, ひだまりスケッチハニカム

ゴールデンウィークに見終えたけど、感想を書いていなかった。 やっぱいいよね。アニメでは基本ゆのが主役っぽいけど、嫁ばかりでなくツンデレも従えて妹まで登場する沙英こそが真の主役かも知れない。その上、ラノベ?作家とか出来過ぎなので、却って表の主…

mac で認識できなくなったUSB HDDが復活した。

以前にmac book pro から mac mini に乗り換えたんですよ。その時に、TimeMachineのバックアップから環境を復元しようとしたら、USB HDDを認識しなかったわけです。 ad2217.hatenablog.com その後も、mac mini に繋いでも認識しないし、ディスクユーティリテ…

アニメ感想:信長の忍び

見終わったので、感想を書かねば。 2016秋アニメの中で最高ではないだろうか。あー、他に何やってたか急には思い出せないけれど。ショートアニメなのが残念だが、ショートアニメでなければこのテンポは出せないと思うのでやむなし。 やっぱりアニメや漫…

創作活動してた

ゴールデンウィークは創作活動してた。SF大会創作講座用の原稿書きと推敲。なかなかつらい感じでした。すぐに気力が尽きるので、そうしたら酒を飲んで寝て起きてからまた書くという。 それにもかかわらず、長さは五十枚程度という短編。才能ある人は一日で…

2017春アニメ1話感想その7

いやあ忙しいのによく見てるな。俺。これでだいたい終わりかな。「信長の忍び」の今期分の配信がまだ来ないけど。というか、ようやく前期の最終話が配信されたところだが。 月がきれい 青春の甘酸っぱさを甘酸っぱく煮詰めたような甘酸っぱい恋愛もの。おっ…

オートマトンについて二つ

直接なにかの書籍に関係するということもないけれど、先日オートマトンについて考えたので、忘れないうちに関連することを二つ書いておこう。 本当の有限ってやつを見せてやりますよ 無限については多くの人が語っているが、有限について語る人はそれに比べ…

川添愛「白と黒のとびら」と他のオートマトン本の話の流れとポイントの比較

川添愛の「白と黒のとびら」についての批判を書こうとしているが、いろいろ面倒である。まずプッシュダウンオートマトンと文脈自由文法までの話の展開を比較してみたいと思う。 オートマトン・言語理論の基礎 米田政明監修 以下、この本を米田本として参照す…